• HOME
  • 離婚後の慰謝料請求について

離婚後の慰謝料請求

123.jpg  
 離婚をする際には、とにかく今の夫(妻)と離婚をしてから、後から慰謝料、財産分与についても考えたいという方もいらっしゃいます。
 
 離婚後についても慰謝料請求ができるか否かについては、離婚後でも慰謝料請求はできますが、期間制限があるという点は注意が必要です。
 離婚の慰謝料請求については、不法行為時(離婚時)から3年で時効になります。この期間を過ぎてしまうと、慰謝料の支払いを求めることができなくなってしまいますので、十分に注意をしましょう。
 
 なお、財産分与については、離婚時より2年(除斥期間)で分与を求めることができなくなりますので、その点も注意が必要です。
 
 また、よく協議離婚などで問題になることがあるのですが、離婚に際し「金銭的あるいは財産的請求は今後一切致しません」とか「離婚に関し当事者双方が協議書に定めるもののほか何らの債権債務がないことを確認する」というような内容の合意(清算条項)をしている場合については、後日に慰謝料請求をすることができなくなります。
 
 このように、離婚後であっても慰謝料請求を行なうことは可能ですが、種々の注意事項がある点は念頭に置いておきましょう。離婚後に慰謝料請求をしたいという方は、適切な金額を適切な方法で受け取るためにも、まずは専門家の弁護士に相談をして頂くことをお勧め致します。
 
 なお、もし離婚前の段階で慰謝料請求をお考えであれば、離婚後に慰謝料請求をするのではなく、離婚と同時に請求するほうがより有利に請求をできる場合もありますので、その点も併せて弁護士にご相談ください。
 

 

慰謝料請求の関連ページ

慰謝料について

不倫相手への慰謝料請求について

妻(嫁)が浮気しているかもしれない

夫(旦那)が浮気しているかもしれない

離婚はせずに慰謝料請求する

ダブル不倫など双方に原因があった場合

離婚後の慰謝料請求について

婚約破棄の慰謝料請求

内縁破棄の慰謝料請求

 

離婚・不倫慰謝料請求のご相談は、みなみ総合法律事務所

弁護士紹介

 

事務所紹介

 

解決事例

サポートプラン(料金表)

 

ご相談の流れ            

 

当事務所が選ばれる5つの理由

宮崎オフィス

 

都城オフィス

 

延岡オフィス

rikonbanner.png
離婚相談のご予約 0120-6666-40

弁護士紹介はこちら